○湯沢市成年後見支援センター運営協議会要綱

平成28年12月2日

告示第112号

(設置)

第1条 湯沢市市民後見推進事業実施要綱(平成28年湯沢市告示第111号)第4条に規定する湯沢市成年後見支援センター(以下「後見支援センター」という。)の運営に関し必要な事項を協議するため、湯沢市成年後見支援センター運営協議会(以下「運営協議会」という。)を置く。

(所掌事項)

第2条 運営協議会は、次に掲げる事項を所掌する。

(1) 後見支援センターが実施する事業の運営、評価及び監督に関する事項

(2) 後見支援センターが実施する事業の適正化及び企画調整に関する事項

(3) その他後見支援センターの事業の実施に関し必要な事項

(委員)

第3条 運営委員会の委員は、次に掲げる者のうちから市長が任命する。

(1) 秋田県雄勝地域振興局の代表者

(2) 湯沢市雄勝郡医師会の代表者

(3) 秋田弁護士会の代表者

(4) 秋田県司法書士会の代表者

(5) 湯沢市民生児童委員協議会の代表者

(6) 湯沢市社会福祉協議会の代表者

(7) 湯沢市老人福祉施設協議会の代表者

(8) 湯沢市入所施設協議会の代表者

(9) 金融機関の代表者

(10) 知的障害者の家族の会の代表者

(11) 精神障害者の家族の会の代表者

(委員の任期)

第4条 委員の任期は、2年とする。ただし、再任を妨げない。

(会長及び副会長)

第5条 運営協議会に会長及び副会長を置く。

2 会長は、委員の互選により定め、副会長は、会長の指名により定める。

3 会長は、運営協議会を代表し、会務を総理する。

4 副会長は、会長を補佐し、会長に事故があるとき、又は会長が欠けたときは、その職務を代理する。

(会議)

第6条 運営協議会の会議(以下「会議」という。)は、会長が招集する。ただし、初回の会議は市長が招集するものとする。

2 会議の議長は会長をもって充てる。

3 会議は、委員の過半数の出席がなければ開くことができない。

4 会長は、必要があるときは、委員以外の者を会議に出席させて、意見又は説明を聴くことができる。

(守秘義務)

第7条 委員会の委員は、職務上知り得た秘密及び個人情報を漏らしてはならない。その職を退いた後も同様とする。

(庶務)

第8条 運営委員会の庶務は、福祉保健部長寿福祉課において処理する。

(その他)

第9条 この告示に定めるもののほか、運営協議会の運営に関し必要な事項は、会長が運営委員会に諮って定める。

附 則

この告示は、平成28年12月2日から施行する。

湯沢市成年後見支援センター運営協議会要綱

平成28年12月2日 告示第112号

(平成28年12月2日施行)

体系情報
第8編 生/第1章 社会福祉/第1節
沿革情報
平成28年12月2日 告示第112号