○湯沢市議会会派規程

平成29年9月29日

議会訓令第1号

(趣旨)

第1条 この訓令は、湯沢市議会基本条例(平成25年湯沢市条例第19号)第4条に規定する会派に関し必要な事項を定めるものとする。

(会派結成の届出等)

第2条 議員が会派を結成したときは、会派の代表者(以下「会派代表者」という。)は、会派結成届(様式第1号)により議長に届け出なければならない。ただし、一般選挙の後、議長が選挙されるまでの間の会派結成届については、議会事務局長に届け出るものとする。

2 会派の代表者は、前項の規定により届出した事項に変更が生じたときは、遅滞なく会派変更届(様式第2号)により議長に届け出なければならない。

3 会派を解散したときは、当該会派の代表者であった者は、遅滞なく会派解散届(様式第3号)により議長に届け出なければならない。ただし、議員の任期満了、辞職、失職、除名若しくは死亡又は議会の解散により、会派に所属する議員が存在しなくなったときは、この限りでない。

(市長への通知)

第3条 議長は、前条に規定する届出を受けたときは、市長に通知するものとする。

(その他)

第4条 この訓令に定めるもののほか、会派に関し必要な事項は、議長が議会運営委員会に諮って定める。

附 則

この訓令は、平成29年11月1日から施行する。

画像

画像

画像

湯沢市議会会派規程

平成29年9月29日 議会訓令第1号

(平成29年11月1日施行)