○湯沢市交通指導員要綱

令和2年3月31日

告示第62号

(趣旨)

第1条 道路交通の安全を保持するため、交通指導員(以下「指導員」という。)を置く。

(職務)

第2条 指導員は、市長の指示するところにより、警察機関及び交通安全推進機関等との緊密な連携を図り、幼児、児童、生徒及び高齢者をはじめとする歩行者等の安全な誘導及び保護(以下「活動」という。)並びに交通事故の防止のための調査研究を行い、交通秩序の保持及び交通事故防止に努めるものとする。

(定数)

第3条 指導員の定数は、40人以内とする。

(委嘱)

第4条 指導員は、次の各号に定める資格を有する者のうちから市長が委嘱する。

(1) 市内に居住する者

(2) 委嘱する日において25歳以上の者

(3) 志操堅固、身体剛健であって交通に関する知識に精通し、かつ、指導力を有する者

(任期)

第5条 指導員の任期は、2年とし、再任を妨げない。ただし、補欠による指導員の任期は、前任者の残任期間とする。

(隊の構成及び名称)

第6条 指導員は、隊を編成するものとする。

2 前項の隊は、湯沢市交通指導隊(以下「指導隊」という。)と称し、指導隊は次の各号に掲げる区分に応じ、当該各号に定める定数によって編成する。

(1) 隊長 1人

(2) 副隊長 3人

(3) 隊員 36人以内

3 隊長及び副隊長は、指導員のうちから市長が委嘱する。

4 隊長は、市長の指揮監督のもとに隊務を統理し、指導隊を代表する。

5 副隊長は、隊長を補佐し、隊長に事故があるとき、又は隊長が欠けたときは、その職務を代理する。なお、隊長の職務を代理する者は、副隊長の互選により選出する。

6 隊員は、隊長の命により出動し、服務する。

(指導隊の職務)

第7条 指導隊は、市長の承認を得た事業計画に定めるもののほか、緊急を要するとき又は隊長が特に必要と認めたときは、随時活動するものとする。

(活動報告)

第8条 指導員は、湯沢市交通指導員活動報告書(別記様式)により、活動状況を活動した月の翌月10日までに市長に報告しなければならない。

(遵守事項)

第9条 指導員は、次に掲げる事項を遵守しなければならない。

(1) 交通法規を遵守し、市民の模範となるよう努めること。

(2) 市民に対し交通法規の履行を指導し、交通安全の保持に努めること。

(3) 言動を慎み、誠意をもって活動すること。

(4) 職務上知り得た秘密を守り、かつ、個人の人格を傷つけるようなことを他に漏らさないこと。

(5) 活動する際は、必ず制服を着用し、警察官とまぎらわしい越権行為をしないこと。

(解職)

第10条 市長は、指導員が次に掲げるいずれかに該当するときは、解職することができる。

(1) 交通法規に違反したとき。

(2) 職務上の業務に違反し、又はその職務を怠ったとき。

(3) 指導員たるにふさわしくない非行があったとき。

(制服等の貸与)

第11条 市長は、指導員に制服等を貸与するものとし、貸与品の種類及び員数は、別表のとおりとする。

2 貸与品は、全て現品貸与とする。

3 指導員は、貸与品を常に清潔に保管し、職務以外にこれを使用してはならない。

4 指導員は、退職等によりその身分を失ったときは、貸与品を直ちに返納しなければならない。

(指導員の災害補償)

第12条 指導員の公務上の災害に対する補償は、市が加入する傷害保険を適用するものとする。

(その他)

第13条 この告示の施行に関し必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この告示は、令和2年4月1日から施行する。

別表(第11条関係)

品名

員数

夏用制服上下衣

1着

冬用制服上下衣

1着

冬用替ズボン(女性の隊員に限る。)

1本

制帽

1個

外とう上下

1着

雨衣

1着

帽子覆い

1枚

ネクタイ

1本

警笛吊紐

1本

白色警笛

1個

白帯革

1本

白手袋

1双

冬用手袋

1双

交通指導員腕章

1枚

腕章吊紐

1本

交通指導員階級章

1個

夜行警杖(停止棒)

1本

夜行チョッキ

1枚

半長靴(男性隊員に限る。)

1足

短靴(女性隊員に限る。)

1足

画像

湯沢市交通指導員要綱

令和2年3月31日 告示第62号

(令和2年4月1日施行)