○湯沢市中学校部活動指導員要綱

令和2年3月31日

教育委員会告示第11号

(設置)

第1条 湯沢市立中学校(以下「中学校」という。)における部活動の充実を図るため、学校教育法施行規則(昭和22年文部省令第11号)第78条の2に規定する部活動指導員(以下「指導員」という。)を置く。

(職務)

第2条 指導員は、中学校の指導方針及び指導計画に基づき、校長の指導及び監督の下、次に掲げる業務を行うものとする。

(1) 実技指導

(2) 安全及び障害予防に関する知識並びに技能の指導

(3) 大会、練習試合等学校外での活動への引率

(4) 用具及び施設の点検並びに管理

(5) 部活動の管理運営

(6) 保護者等への連絡

(7) 年間及び月間指導計画の作成

(8) 生徒指導に係る対応

(9) 事故が発生した際の現場対応

(身分)

第3条 指導員の身分は、地方公務員法(昭和25年法律第261号)第22条の2第1項第1号に規定する会計年度任用職員とする。

(要件)

第4条 指導員は、満20歳以上の者で、秋田県中学校体育連盟等大会主催者(以下「大会主催者」という。)からの要請があった場合に大会運営に協力することができ、次の各号に掲げるいずれかに該当するもののうち、湯沢市教育委員会(以下「教育委員会」という。)が任用するものとする。

(1) 教育職員免許法(昭和24年法律第147号)に基づく中学校教員免許を有するもの

(2) 公益財団法人日本スポーツ協会公認のスポーツ指導者資格を有するもの

(3) 中央競技団体が認定した指導者資格を有するもの

(4) 指導する部活動に係る専門的な技能及び知識を有し、かつ、学校教育に関する十分な理解を有していると認められたもの

2 前項の規定にかかわらず、国家公務員法(昭和22年法律第120号)第2条に規定する国家公務員及び地方公務員法第3条に規定する地方公務員(公立学校に勤務する非常勤講師を除く。)は任用しないものとする。

(任用手続)

第5条 指導員の配置を希望する校長は、部活動指導員配置申請書(様式第1号)を教育委員会に提出しなければならない。

2 指導員の配置を希望する校長は、運動部活動の在り方に関する総合的なガイドライン(平成30年3月19日付け29ス庁第649号)及び運動部活動運営・指導の手引(平成30年8月秋田県教育委員会)に基づき、部活動に関する学校の方針を作成しなければならない。

(任期)

第6条 指導員の任期は、毎年4月1日から翌年3月31日までの範囲内で教育委員会が定めるものとする。ただし、再度の任用を妨げない。

(勤務日及び勤務時間)

第7条 指導員の勤務時間は、休憩時間を除き1週間当たり36時間15分以内、年間210時間以内とする。

2 指導員の勤務日及び勤務時間は、校長が決定するものとする。

(報酬及び費用弁償)

第8条 指導員の報酬及び費用弁償は、湯沢市会計年度任用職員の給与及び費用弁償に関する条例(令和元年湯沢市条例第16号)の定めるところによるものとする。

(公務災害の補償)

第9条 指導員の職務上の災害又は通勤による災害に対する補償は、地方公務員災害補償法(昭和42年法律第121号)に基づき補償する。

(研修)

第10条 教育委員会は、指導員に対して、次に掲げる事項の研修を行うものとする。

(1) 部活動の教育的意義及び教育上の位置付け

(2) 服務

(3) 生徒の発達段階に応じた科学的な指導

(4) 安全及び障害予防に関する知識並びに技能の指導

(5) 生徒指導や保護者等の対応及び事故が発生した場合の現場対応

(6) 障がいのある生徒への配慮

(7) その他部活動運営に必要な研修

2 校長は、指導員に対して、次に掲げる事項の研修を行うものとする。

(1) 学校及び各部の活動の目標や方針(活動時間や休養日の徹底を含む。)

(2) 学校及び各部が抱える課題

(3) 学校及び各部における用具、施設の点検管理

(服務)

第11条 指導員は、その職務の遂行に当たっては、校長の監督を受け、職務上の命令に従わなければならない。

2 指導員は、その職の信用を傷つけるような行為をしてはならない。

3 指導員は、職務上知り得た秘密を漏らしてはならない。その職を退いた後も同様とする。

4 指導員は、大会等に引率し、又は監督等を務めるときは、大会主催者の定める規定に従わなければならない。

(解任)

第12条 教育委員会は、指導員が次の各号のいずれかに該当するときは、当該指導員を解任することができる。

(1) 心身の故障により、その職務に耐えられないとき。

(2) 職務の遂行に必要な適格性を欠くとき。

(3) 前条第2項及び第3項の規定に違反したとき。

(4) その他指導員の任用を継続することが困難となったとき。

(職務実績の報告)

第13条 指導員は、教育委員会が定める日までに部活動指導員勤務状況報告書(様式第2号)及び湯沢市部活動指導員記録(様式第3号)を校長に提出しなければならない。

2 校長は、前項の提出を受けたときは、内容を確認し、提出を受けた月の翌月5日までに教育委員会に提出しなければならない。

(地域との連携)

第14条 校長及び教育委員会は、指導員の確保に資するため、地域の体育協会、スポーツ団体、スポーツクラブ等との連携を積極的に図るものとする。

(その他)

第15条 この告示に定めるもののほか、指導員に関して必要な事項は、教育委員会が別に定める。

附 則

この告示は、令和2年4月1日から施行する。

画像

画像

画像

湯沢市中学校部活動指導員要綱

令和2年3月31日 教育委員会告示第11号

(令和2年4月1日施行)