• 青
  • 黄
  • 黒
  • 標準
  • 背景色

  • 文字サイズ特大
  • 文字サイズ大
  • 文字サイズ中
  • 文字サイズ小
  • 文字サイズ

自動車臨時運行許可(仮ナンバー)

自動車臨時運行許可制度とは

自動車を道路上において運行させるためには、自動車の登録・検査を受けていることが必要です。
自動車臨時運行許可制度とは、登録されていない自動車や自動車検査証の有効期限が過ぎている自動車など、道路上を運行してはならない自動車について、道路運送車両法に定められた場合に限って、一時的な運行許可を与える制度です。通称「仮ナンバー」と呼ばれる、赤い斜線の入ったナンバープレートを臨時に貸し出す制度です。
 

対象となる自動車の種類

普通自動車、小型自動車、小型二輪自動車(251cc以上)、軽自動車、大型特殊自動車
 

運行目的と目的地

目的

運行の目的は、次のようなものに限られます。また、二つ以上の目的で運行することはできません。一つの目的につき、一つの申請となります。
  1. 検査
    未登録自動車の新規検査、車検切れ自動車の継続検査などで運輸支局等又は軽自動車検査協会などに回送するとき。
  2. 登録
    予備検査がすんでいる未登録自動車の新規登録で運輸支局等に回送するとき。
  3. 販売
    特定の顧客に商品自動車をみせるため回送するとき。不特定の顧客が対象の行商的運行は許可の対象になりません。
  4. 整備
    車検切れ自動車を定期点検整備等で、整備工場に回送するとき。
  5. 封印取付
    封印の脱落、き損やナンバープレートの紛失で再交付を受けるため運輸支局等に回送するとき。
  6. 試運転
    自動車の改造又は修理を行った場合にその性能を試す場合等。

目的地

陸運支局・自動車検査登録事務所
軽自動車検査協会
修理工場 などの存在する市区町村名
許可されない場合
(例)
  • 出発地・経由地・目的地がはっきりしない時
  • 販売のための試乗は不可
250cc以下の軽二輪自動車には仮ナンバー制度はありません。
 

申請について

申請経路

出発地・経由地・目的地までの最短経路で、その経路に湯沢市が含まれる場合に許可されます。
 

貸出し期間

運行の目的・経路等を審査して、真に必要な最少日数となります。(最大5日間)
 

申請受付日

自動車を走らせる当日、又は前日だけです。前日が土曜日・日曜日・祝日などで閉庁の場合は、その前開庁日となります。
 

手続きに必要なもの

自動車臨時運行許可申請書(窓口で記入)のほか、次の書類の提示が必要です。
  1. 自動車損害賠償責任保険証明書(コピー不可)
  2. 動車を確認するための書面(自動車検査証・抹消登録証明書・譲渡証明書・自動車検査証返納証明書・通関証明書など)(コピー不可)
  3. 個人で申請の場合、申請者の身分証明書(運転免許証など)
  4. 印鑑(法人の申請には、社判と代表者印を、申請書に押印して下さい)
  5. 手数料 750円
 

返却

ナンバープレートは臨時運行許可証明書(紙)とともに、有効期間満了の日から5日以内に返却してください。
期限を過ぎても返却されないと、道路運行車両法違反により罰則が適用される場合があります。
 

紛失・き損

  • ナンバープレートを紛失・き損した場合
    窓口にて、紛失届を提出していただきます。
  • 臨時運行許可証明書を紛失・き損した場合
    窓口にて、紛失届を提出していただきます。