• 湯沢市章
  • 青
  • 黄
  • 黒
  • 標準
  • 背景色

  • 文字サイズ特大
  • 文字サイズ大
  • 文字サイズ中
  • 文字サイズ小
  • 文字サイズ

湯沢市通学路交通安全プログラム

1 目的

 全国で登下校における交通事故が相次いだことを受け、平成24年8月に各小学校の通学路において、関係機関との連携による緊急合同点検を実施した。これに基づき、必要な対策内容を吟味し、各機関での取組を継続している。
 通学路の安全確保は関係機関が連携し、継続して取り組む課題であることを踏まえ、関係機関の連携体制構築を目的として「湯沢市通学路交通安全プログラム」を策定した。
 今後は、本プログラムに基づき、関係機関が連携して、児童生徒が安全に通学できるように安全確保を図る。
 

2 通学路安全推進会議の設置

関係機関の連携を図るため、以下のメンバーによる「通学路安全推進会議」を設置する。
  • 国土交通省湯沢河川事務所湯沢国道維持出張所
  • 秋田県雄勝地域振興局建設部
  • 湯沢市建設部建設課
  • 湯沢市市民生活部くらしの相談課 
  • 湯沢警察署
  • 湯沢市校長会
  • 湯沢市教育委員会

3 取組方針

(1)合同点検の実施
  1. 関係機関による定期的な合同点検を行い、継続的に通学路の安全確保に努めるとともに、安全対策実施後の効果把握も行い、対策の改善・充実を図る。
  2. 市内の小学校を次の2ブロックに分け、それぞれ2年に1回、合同点検を実施する。また、状況に応じて臨時に合同点検を実施する。
  • 第1ブロック(湯沢東小・湯沢西小・山田小・三関小・須川小)
  • 第2ブロック(雄勝小・稲庭小・三梨小・川連小・駒形小・皆瀬小)
  1. 合同点検は夏期休業中に実施する。
 1年目…第1ブロックの点検
 2年目…第2ブロックの点検
 (以後、1年目から繰り返す)
  1. 効率的・効果的に合同点検を行うため、通学路安全推進会議において、重点課題を設定する。
  2. 合同点検は、小学校毎に学校、保護者・地域代表、道路管理者、警察、教育委員会の各担当者が集まって行う。
(2)対策の検討
  • 合同点検に基づき、明らかになった対策必要箇所について、箇所毎の具体的な安全対策を検討する。
 
(3)対策の実施
  • 対策の実施に当たっては、改善が進むよう、関係者間で連携を図る。
 
(4)対策効果の把握
  • 安全対策実施後の効果について確認するため、以下の取組を行う。
  • 児童生徒・保護者・地域住民・登下校見守り隊への聞き取り
  • 車両と歩行者の離隔の測定
 
(5)対策の改善・充実
  • 安全対策実施後も、合同点検や効果把握の結果を踏まえ、対策内容の改善・充実を図る。
 

4 対策必要箇所一覧表、箇所図の公表

  • 小学校毎の点検結果や対策内容について、関係者間で情報を共有するため、対策必要箇所一覧表及び対策箇所図を作成し、公表する。
 

【別添資料】*平成29年度の対応箇所について

 別添(1) 対策一覧表
 別添(2) 対策箇所図
  *関連ファイルからダウンロードできます。