• 湯沢市章
  • 青
  • 黄
  • 黒
  • 標準
  • 背景色

  • 文字サイズ特大
  • 文字サイズ大
  • 文字サイズ中
  • 文字サイズ小
  • 文字サイズ

第2回地域共生社会推進全国サミットinゆざわ運営業務委託公募型プロポーザルの実施について

契約締結について

 契約締結について 次のとおり契約を締結しましたのでお知らせします。
  • 契約者 株式会社JTB 秋田支店 支店長 増子敦
  • 契約金額 9,999,550円 (税込)
 

審査結果

 次のとおり業務委託候補者を決定しましたのでお知らせします。
  • 業務委託候補者 株式会社JTB 秋田支店
  • 参加事業者数 3者
 

質問書に対する回答

 第2回地域共生社会推進全国サミットinゆざわ運営業務委託に係る公募型プロポーザルについて質問がありましたので、添付ファイルのとおり回答いたします。
 

業務概要

委託業務名

 第2回地域共生社会推進全国サミットinゆざわ運営業務委託
 

業務の目的

  第2回地域共生社会推進全国サミットinゆざわの開催に係る各業務を支援することにより、本サミットを円滑に開催するために業務委託を行う。
 

委託業務内容

  1. 参加案内・申込書等作成業務
  2. 参加案内・申込書等封入封緘業務
  3. 参加・宿泊・オプショナルツアー申込受付業務
  4. 申込書請求・発送業務
  5. 会場設営撤去業務
  6. 会場運営・ステージ進行業務
  7. オプショナルツアー実施業務
  8. 大会記録業務
  9. その他
※詳細は、別紙1「仕様書」のとおり。
 

業務期間

 契約締結日の翌日から令和2年3月31日火曜日まで
 

提案上限額(消費税及び地方消費税額含む)

 業務委託費 10,000,000円
 ※ただし、この金額は契約時の予定価格を示すものではなく、企画提案の規模を示すものである。
 ※消費税及び地方消費税の税率は10%で算出すること。
 ※参考見積額が提案上限額を超過した場合は失格とする。
 

プロポーザル方式採用理由

 価格のみによる競争では、目的を達成できない業者が選定されることがあることから、専門的な知識や実績を有する業者を公平に評価し、受託候補者を選定するため。

実施形式

 公募型プロポーザル形式

参加資格要件

 本プロポーザルに参加できる者は、本業務の実施に必要な能力を有し、下記に掲げる要件をすべて満たす者であること。
  1. 地方自治法施行令(昭和22年政令第16号)第167条の4の規定に該当しない者であること。
  2. 暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成3年法律第77号)第2条第2号に掲げる暴力団及びそれらの利益となる活動を行う者ではないこと。
  3. 会社更正法(平成14年法律第154号)に基づく更正手続開始の申立て又は民事再生法(平成11年法律第225号)に基づき再生手続の開始の申立てがなされていない者であること。
  4. 湯沢市物品購入等競争入札参加有資格者にあっては、本件の公募から契約候補者を選定するまでの間に本市の指名停止措置を受けていないこと。
  5. 湯沢市物品購入等競争入札参加有資格を有しない者は、企画提案書提出期限までに入札参加資格申請を完了していること。
  6. 国税及び地方税を滞納していないこと。
  7. 湯沢市内で、担当者と委託業務運営に係る打合せを行うことが可能であること。
  8. 業として、当該プロポーザルに付する契約に係る業務を営んでいること。
  9. 平成20年度以降に対象業務と同種業務又は類似業務の受託実績を有すること。
  10. プライバシーマーク付与事業者であること。
 

募集方法

 湯沢市ホームページによる募集
 

参加申込方法

 本プロポーザルに参加を希望する者は、湯沢市ホームページから必要書類等をダウンロードし、次のとおり必要書類を提出すること。

1.提出書類

  • 参加申込書(様式第1号)
  • 参加資格確認調書(様式第2号)
  • 業務実績調書(様式第3号)

2.提出期限

令和元年5月20日月曜日 午後5時とする。

3.提出方法

持参又は郵送(宅配便可)により提出すること。
持参の場合の受付時間は午前8時30分から午後5時までとする。(土曜日、日曜日及び祝日を除く。)
郵送等で提出する場合は、受け取り日時及び配達されたことが証明できる方法によるものとし、提出期限内に必着のこと。

4.提出部数

1部

5.提出先

〒012-8501 秋田県湯沢市佐竹町1番1号
第2回地域共生社会推進全国サミットinゆざわ実行委員会事務局
(湯沢市福祉保健部地域共生サミット準備室内)

6.参加資格の通知

令和元年5月22日水曜日に、ファクス及び郵送にて参加の可否を通知する。
 

質問の受付及び回答

1.提出期限

令和元年5月14日火曜日 午後5時まで(必着)

2.提出方法

別添の質問書(様式第4号)により、電子メールにて提出すること。なお、電子メールの表題は「【事業者名】プロポーザル質問」とすること。
 提出先メールアドレス k-summit@city.yuzawa.lg.jp
電子メール以外の方法で提出された質問に対しては回答しない。

3.回答方法

質問に対する回答は令和元年5月16日木曜日までに、湯沢市ホームページに掲載する。
 

企画提案書の提出

 参加資格審査結果通知により参加資格を有すると認められた者が提出すること。

1.提出書類

別紙2「企画提案書作成要領」による。

2.提出部数

各7部 ※1部正本とし、残りの6部はコピーを可とする。

3.提出期限

令和元年6月4日火曜日 午後5時まで

4.提出先

〒012-8501 秋田県湯沢市佐竹町1番1号
第2回地域共生社会推進全国サミットinゆざわ実行委員会事務局
(湯沢市福祉保健部地域共生サミット準備室内)

5.持参又は郵送(宅配便可)により提出すること。

持参の場合の受付時間は午前8時30分から午後5時までとする。(土曜日、日曜日及び祝日を除く。)
郵送等で提出する場合は、受け取り日時及び配達されたことが証明できる方法によるものとし、提出期限内に必着のこと。
 

審査方法等

プロポーザルの審査は以下のとおりとする。

1.書類審査

参加者から提出のあった企画提案書等について、審査員による書類審査を行う。

2.ヒアリング

書類審査に加え、企画提案についてのヒアリングを実施し、その内容により得点を加減し、得点が上位の者を受託候補者として選定する。
ヒアリングは、参加者名を伏せず、参加申込書の受付順に実施する。

3.審査基準

別紙3「ヒアリング実施要領及び評価基準」による。

4.審査結果の通知

審査の結果は、書面により通知する。

日程

1 公募開始 令和元年5月8日水曜日
2 質問受付締切 令和元年5月14日火曜日
3 質問回答 令和元年5月16日木曜日
4 参加申込締切 令和元年5月20日月曜日
5 参加資格通知送付 令和元年5月22日水曜日
6 企画提案書受付締切 令和元年6月4日火曜日
7 審査 令和元年6月6日木曜日
8 結果通知 令和元年6月10日月曜日
9 契約締結 令和元年6月中旬(予定)
10 業務開始 令和元年6月中旬(予定)
 

契約の締結

  1. 第2回地域共生社会推進全国サミットinゆざわは、湯沢市が主催するものであるが、本業務の契約は、主管する第2回地域共生社会推進全国サミットinゆざわ実行委員会との間で締結することとなる。
  2. 候補者特定後、随意契約に係る協議を行い、協議が調い次第速やかに随意契約の手続きを行うものとする。
    なお、その際には、特定された者はあらためて見積もりを提出するものとする。
  3. 随意契約に係る協議により、候補者と契約ができない場合は、次点者と随意契約について協議するものとする。
 

その他

  1. 提出期限以降における書類の差し替え及び再提出は認めない。
  2. 書類の作成、提出及びその他プロポーザルの参加に要した一切の費用は、参加者の負担とする。
  3. 応募者が一者のみの場合でも、審査・評価を実施するものとする。
  4. 参加申込後又は企画提案書の提出後、参加を辞退する場合は、書面(任意様式)により、辞退の旨を第2回地域共生サミットinゆざわ実行委員会事務局あてに提出すること。
 

担当部署(提出・問合せ先)

〒012-8501 秋田県湯沢市佐竹町1番1号
第2回地域共生社会推進全国サミットinゆざわ実行委員会事務局
(湯沢市福祉保健部地域共生サミット準備室内) 担当:沓澤清正     
電話番号:0183-56‐8090(直通) FAX:0183-72-8301
 メールアドレス: k-summit@city.yuzawa.lg.jp