ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > くらし > 妊娠・出産・子育て > 子育て支援事業 > ゆざわ子育てナビ > カテゴリ―から調べる > 手当・助成 > 低所得の子育て世帯に対する子育て世帯生活支援特別給付金(ひとり親世帯以外の世帯分)について
<外部リンク>

本文

低所得の子育て世帯に対する子育て世帯生活支援特別給付金(ひとり親世帯以外の世帯分)について

印刷用ページを表示する 更新日:2021年7月1日更新

先行して支給を開始している子育て世帯生活支援特別給付金(ひとり親世帯分)に続き、新型コロナウイルス感染症の影響の長期化に伴い、低所得の子育て世帯の負担が大きくなっていることから、生活の支援を行うための子育て世帯生活支援特別給付金(ひとり親世帯以外の世帯分)を支給します。

 

支給対象者

以下の(1)、(2)の両方に当てはまる方

(1)令和3年3月31日時点で18歳未満の児童(障がいのある児童の場合、20歳未満)を養育する父母等 ※令和4年3月末までに生まれた新生児も対象になります。

(2)令和3年度の市区町村住民税均等割が非課税、または、新型コロナウイルス感染拡大の影響により、令和3年1月1日以降の収入が急変し、市民税均等割非課税相当の収入になった方

 

 支給額

対象児童一人につき 5万円

※他市町村からの支給も含め、既に子育て世帯生活支援特別給付金(ひとり親世帯分)及び子育て世帯生活支援特別給付金(ひとり親世帯以外の世帯分)の算定対象になっている児童は除きます。

 

申請手続きについて

支給にあたって、申請が不要の場合と必要な場合があります。

 

申請が不要な方

・児童手当、もしくは、特別児童扶養手当の受給者であって、令和3年度の市区町村住民税均等割が非課税の方

※支給対象者に対して、支給通知書を発送します。受給を辞退される方は、通知書に記載している期日までに子ども未来課までご連絡をください。

 

申請が必要な方

・平成15年4月2日(障がいのある児童の場合、平成13年4月2日)から平成18年4月1日までに出生された児童のみを養育しており、令和3年度の市区町村住民税均等割が非課税の方

・新型コロナウイルス感染拡大の影響により、令和3年1月1日以降の収入が急変し、市民税均等割非課税相当の収入になった方

 

申請方法

申請に必要な添付書類を持参のうえ子ども未来課窓口で手続きいただくか、申請書類をダウンロードして記入し、添付書類と一緒に子ども未来課宛てに郵送してください。

 

申請に必要な書類

申請書類

1.(様式第2号)申請書

2.(様式第3号)収入、もしくは、所得見込額申立書【新型コロナウイルス感染拡大の影響により、収入が急変した方のみ】

 

添付書類

1.申請者の本人確認書類(運転免許証、個人番号カード等)の写し

2.通帳、キャッシュカード等振込口座の情報が確認できるものの写し

3.戸籍謄本の原本

4.給与明細書、年金振込通知書等の収入額が分かる書類、事業収入、不動産収入にかかる経費の金額の分かる書類等の写し(申請者および配偶者分)【新型コロナウイルス感染拡大の影響により、収入が急変した方のみ】

※窓口で手続きいただく場合は、各書類の原本を持参いただいても大丈夫です。

 

申請受付期間

令和3年7月1日(木)から令和4年2月28日(月)

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


[[template-ai-recommend]]