ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 市政 > これからの湯沢 > その他の計画 > 地域再生計画の事後評価

本文

地域再生計画の事後評価

印刷用ページを表示する 更新日:2021年1月20日更新
<外部リンク>

地域再生計画とは


  「地域再生計画」とは、地域再生法(平成17年法律第24号)に基づき、地域経済の活性化や雇用創出などを図るため地方公共団体が自主的に作成するもので、内閣総理大臣の認定により国の総合的な支援を受けることが可能になります。

湯沢市の地域再生計画概要

  1. 計画名 
     湯沢市 森・水づくり再生計画  
  2. 事業内容
     基幹林道及び市道改良により林業振興・再生を図り、また、周辺観光施設整備 事業や汚水処理施設整備事業との連携により 「森と水」の良好な自然環境を保全 し、観光客の増加と産業の活性化を目指します。
    【目標】
     (1)  森林施業地区から作業基地までの移動時間10分の短縮
     (2)  汚水処理人口普及率27%を57%に向上
     (3)  観光人口の5%増  
  3. 事業期間
     平成17年度から平成21年度まで

 

事後評価について

 地域再生計画の成果等を客観的に検証し、事業の成果を市民の皆さんに分かりやすく説明することを目的に実施するものです。
  こちらのファイルより評価結果を確認することができます。

事後評価シート [PDFファイル/45KB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


[[template-ai-recommend]]