ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > まちづくり > 地域資源活用 > 再生可能エネルギー > 秋田県による令和6年度「産業用再エネ電力活用モデル事業費補助金」について(お知らせ)

本文

秋田県による令和6年度「産業用再エネ電力活用モデル事業費補助金」について(お知らせ)

印刷用ページを表示する 更新日:2024年6月6日更新
<外部リンク>

 秋田県による令和6年度「産業用再エネ電力活用モデル事業費補助金」について(お知らせ)

秋田県クリーンエネルギー産業振興課による補助事業のお知らせです。

※ 応募方法については、以下外部リンク をご覧ください。
( 美の国あきたネット)令和6年度「産業用再エネ電力活用モデル事業費補助金」の追加募集について<外部リンク>

目的

電気料金等のエネルギー価格高騰の影響を受ける県内事業者の負担軽減を図るため、再生可能エネルギー発電設備の整備費用に補助し、併せてカーボンニュートラルに向けた取組を進めます。

事業の概要

  1. 補助対象者  県内に事業所を置く企業、個人事業主で、エネルギー価格高騰の影響を受けている*者
    *「エネルギー価格高騰の影響を受けている」とは
    令和4年1月以降のいずれかの月の主なエネルギー価格が、平成31年から令和3年の同月比で20%以上、上昇している場合を言います。
  2. 補助対象設備
    (1) 自家消費型再生可能エネルギー発電設備( 出力20 kW 以上)
    (2) 自家消費目的の電力調整を行うための蓄電池( 容量20 k W h 以上)
    (3) 自家消費型再生可能エネルギー熱供給設備
  3. 補助額
    ​(1) 発電出力1kW あたり10 万円
    (2) 容量1kWh あたり10 万円
    (3) 熱供給出力1,000kcal/h あたり6 万円
  4. 限度額
    ​(1) 3,000 万円
    (2) 1,000 万円
    (3) 1,000 万円
  5. 事業期間 交付決定~ 令和7年2月28日
  6. 補助要件
    ​自家消費目的に限り、環境価値も含め売電しないこと
    電気料金等の削減の効果が期待できること
    排出する二酸化炭素削減により競争力の強化が図られること
    本事業はモデル事業であるため、事業成果を県内企業に広く展開するための様々な条件を付します
    (1) 補助事業完了後5 年間、発電量等を報告すること
    (2) 県が事業実績の公表を行うことに同意すること( 公表範囲は事前に協議します)
    (3) 必要に応じて県内企業の視察を受け入れること( 視察の頻度や日程については改めて協議します)
    ​※ この他にも要件があります
  7. スケジュール
    ​募集開始 令和6年6月3日
    締め切り 7月10日 先着順ではありません
    審査会 7月下旬
    交付決定 8月上旬
  8. 問合せ先
    ​秋田県産業労働部
    クリーンエネルギー産業振興課クリーンエネルギー活用チーム
    電話: 018-860-2282 FAX: 018-860-3869
  9. ※ 応募方法については、以下外部リンク をご覧ください。
    ( 美の国あきたネット)令和6年度「産業用再エネ電力活用モデル事業費補助金」の追加募集について<外部リンク>