ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > ゆざわチャンネル > 新型コロナウイルス感染症特設ページ > くらしの手続きについて > 新型コロナウイルス感染症に係る要介護・要支援認定の臨時的な取扱いについて
現在地 トップページ > 分類でさがす > くらし > 高齢者 > 介護保険の制度 > 新型コロナウイルス感染症に係る要介護・要支援認定の臨時的な取扱いについて

本文

新型コロナウイルス感染症に係る要介護・要支援認定の臨時的な取扱いについて

印刷用ページを表示する 更新日:2020年9月25日更新
<外部リンク>

要介護・要支援認定更新者の認定有効期間の12か月合算について

新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、要介護更新認定・要支援更新認定申請書を提出の際に同意を得られた方につきましては、要介護認定調査を実施せず、前回と同じ要介護・要支援状態区分により、有効期間を12か月合算いたします。

対象者

要介護認定・要支援認定更新申請者
※新規申請及び区分変更申請につきましては、対象となりません。

申請手続きに必要なもの

  • 要介護更新認定・要支援更新認定申請書
  • 同意書
  • 介護保険被保険者証

※郵送での提出もできます。

取扱い期間

令和2年5月1日以降
※この臨時的取扱いの終了期間については、今後の状況により判断いたします。

手続きの流れ

  1. 更新申請書、同意書、介護保険被保険者証を提出する。
  2. 認定通知と被保険者証が送付される。

※認定調査及び主治医意見書作成のための医療機関の受診の必要はありません。

関連リンク

関連ファイル

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


[[template-ai-recommend]]