ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 市政 > これからの湯沢 > 第1次湯沢市観光振興計画 > 湯沢市観光振興の基本的指針

本文

湯沢市観光振興の基本的指針

印刷用ページを表示する 更新日:2020年10月4日更新
<外部リンク>

湯沢市観光の変革を効果的に推進するには、地域観光を支え、来訪者を迎え入れる「観光の担い手」がそれぞれの立場で、一貫した姿勢でそれぞれの役割を担っていくことが不可欠です。そのため、これからの湯沢市観光振興を次の基本的指針で進めます。

地域観光のブラッシュアップ

 これまでの湯沢市の観光振興は、行政と民間の役割が双方で明確に意識されていなかった側面がありますが、これからはそれぞれの立場、役割を認識し、双方が責任を持った取り組みが期待されます。

小町娘と絵どうろう(湯沢雄勝広域観光物産CP)

湯沢市の役割は、観光振興マスタープラン等を策定し、観光振興に対する方向性を明確に示すことです。そして、「地域」(この地域とは具体的には観光客が来訪するところ)が自らの「人材」「財源」「責任」を持って進める「観光による地域づくり」を徹底するとともに、地域の主体的な努力が実を結ぶようなさまざまな形の支援を行います。
 湯沢市のもっとも大切なテーマの一つに『美』があります。湯沢市は「美人で知られる平安歌人の小野小町生誕伝説の息づくまち」また、「小京都ゆざわ」といわれるように絵どうろうの灯り揺らめく麗しきまちであります。湯沢市は観光に取り組む地域と連携し、『美』にふさわしい景観や交流空間づくりを積極的に推進します。 これからの観光振興は、「個性を磨き、追求し、主張していくこと」が求められます。そのための環境づくりと支援も行政の役割と考えます。

効果的・戦略的な支援

 観光が地域づくりの集大成といわれる今、「選択」と「集中」の時代を迎えようとしています。まんべんなく薄く、広くという従来型の手法から、やる気があり、優れた観光地域づくりに取り組んでいるところを「選択」し、限られた予算を「集中」して投資していくという方式へと大きく転換しつつあります。
 湯沢市の限られた財源の中、少ないコストで最大の効果を発揮する手法を模索して行きます。観光振興に熱心に取り組む意欲と実現可能な優れたアクションプランを持つ地域をまず重点的に支援していきます。
 基本的には国内観光旅行業界における市場原理(地域外から旅行者を惹きつけられるか)をベースとしながらも、効果的・戦略的な支援を行っていきます。

ゆざわホスピタリティ

 湯沢市の観光振興を図るうえで最も大切なことは、来訪者の満足度を高め、口コミやリピーター客の増加につなげることです。そのためには、「おもてなしの心」が必要です。かつて佐竹に嫁いできた京の姫君を七夕飾りで慰めた優しい湯沢人のホスピタリティの醸成が重要です。
 来訪者の満足度が高ければ高いほど、情報となって周囲の人々の来訪意向を高めます。来訪者は地域の雰囲気や人々のあたたかさを鋭く感じ取ってしまいます。観光に携わる人だけでなく、来訪者と市民一人ひとりが絆づくりのできる環境が重要です。
 そのためにゆざわホスピタリティを、来訪者の満足度を高め、その結果を観光戦略に反映させ、個別施設や観光地域ごとの、次の戦略を考えるうえでの大きな強みとしていきます。

ダリア、桜並木、紅葉、芍薬の写真

ゆざわ観光のブランド化

 湯沢市は歴史・伝説・自然・温泉・祭り・食と豊富な観光資源に恵まれていますが、まだまだ多くの観光資源が十分に評価されないまま眠っています。こうした観光資源を掘り起こし、個々の資源の誘客力を旅人の視点から検証し、湯沢市への観光戦略をマーケットに応じた効果的なものにしていきます。
 素材の良さや地域へのこだわりなどを魅力として生かした観光旅行商品づくりなど、「ゆざわ観光のブランド化」が重要です。ゆざわ観光の品質を高め来訪者の信頼の獲得につなげ、観光振興に大きく寄与する取り組みを進めます。
湯沢の観光ブランド化の戦略イメージ図

関連情報


[[template-ai-recommend]]