ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

公的個人認証サービス

印刷用ページを表示する 更新日:2020年9月25日更新
<外部リンク>

従来、行政機関への申請や届出には、直接窓口へ出向いて、手続きをする必要がありました。近年のIT化の進展に伴い、これまでの窓口での手続きに加えて、自宅のパソコンから行政機関に対してインターネットを利用した電子申請や届け出ができるように整備が進んでいます。

この電子申請や届出には、申請者が間違いなく本人であることや、申請内容が改ざんされていないことなどの確認が不可欠です。

こうした確認の方法として使われる本人の電子情報等(電子証明書)を発行するのが公的個人認証サービスです。電子証明書は、ICカードに格納されます。

※現在では、ICカードとして、住民基本台帳カード(住基カード)とマイナンバーカード(個人番号カード)が対応してます。

詳しくは、公的個人認証サービスポータルサイト<外部リンク>をご覧ください。

関連リンク


[[template-ai-recommend]]