ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > しごと・産業 > 農業 > 就農支援・助成 > 新規就農者等に対する支援について

本文

新規就農者等に対する支援について

印刷用ページを表示する 更新日:2020年9月25日更新
<外部リンク>

農業研修に対する支援

フロンティア農業者育成事業費奨励金

秋田県が実施するフロンティア農業者育成研修を受講する方(申請時おおむね45歳未満)に対して支給する奨励金です。
湯沢市では、農業試験場(秋田市雄和)で研修を受ける方に対して月10万円、秋田県果樹試験場(横手市醍醐)で研修を受ける方に対して月7万5千円支給します。いずれも2年間の研修期間となります。

農業次世代人材投資資金(準備型)

県が実施する「フロンティア農業者育成研修」を受ける方で、以下の条件を満たす方が対象となります。なお、この資金を選択した場合、上の奨励金は対象外となります。

  • 就農予定時の年齢が50歳未満
  • 研修終了後1年以内に就農する次のいずれかの方
    • 自ら農業経営を行う方(独立自営就農)
    • 農業法人に雇用されて就農する方
    • 親元就農し、5年以内に経営を継承するか農業法人の経営者になる方

就農して間もない新規就農者に対する支援

就農時に、次の要件を満たしていることで受けられる支援制度があります

  • 青年等就農計画の認定を受けた認定新規就農者であること
  • 湯沢市の「人・農地プラン」に位置づけられている、または位置付けられる見込みであること
  • 主要な機械・施設を交付対象者が所有または借りていること
  • 生産物や資材等を交付対象者の名義で出荷・取引すること
  • 経営収支を交付対象者の名義の通帳及び帳簿で管理すること
  • 交付対象者が農業経営に関する主催権を有していること

農業次世代人材投資資金(経営開始型)

独立・自営就農者(就農時50歳未満)に対し交付金を5年間交付します。
経営開始初年度は150万円を交付し、経営開始2年目以降は、前年の所得に応じ交付額が変動します(最大150万円)。交付を受けるには上記要件のほか、次の要件があります。

  • 就農時の年齢が50歳未満であること
  • 農地の所有権または利用権を対象者が有していること
  • 交付を受けた期間と同期間の営農を継続すること

ミドル就農者経営確立支援事業給付金

独立・自営就農者(就農時50歳以上60歳未満)に対し給付金を3年間支給します。
経営開始初年度は120万円を給付し、経営開始2年目以降は、前年の所得に応じ給付額が変動します(最大120万円)。給付を受けるには上記要件のほか、次の要件があります。

  • 就農時の年齢が50歳以上60歳未満であること
  • 農地の所有権または利用権を対象者が有していること

どちらの支援もここに記載している以外の要件がありますので、詳しくは農林課にお問い合わせください。

就農・営農に係る設備投資に対する支援

農業夢プラン事業

 戦略作物の産地拡大や経営の複合化、六次化産業化への発展等により付加価値の創出が期待できる取り組みに対し、必要とする機械・施設等の導入費用の一部を助成します。

詳しくは「農業夢プラン事業」をご覧ください

問い合わせ先

〒012-8501 秋田県湯沢市佐竹町1番1号
湯沢市役所 産業振興部 農林課 農業振興班
電話:0183-72-0631(直通)Fax:0183-79-5057


[[template-ai-recommend]]