ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > しごと・産業 > 農業 > 農業被害対策 > クマとイノシシに関する情報
現在地 トップページ > 分類でさがす > くらし > 災害・防災 > 危険生物 > クマとイノシシに関する情報

本文

クマとイノシシに関する情報

印刷用ページを表示する 更新日:2024年5月30日更新
<外部リンク>

クマに関する情報

ツキノワグマ出没警報の発令について

ツキノワグマ出没警報の発令期間が延長されました。

  1. 期間
    令和6年4月18日から令和6年6月30日まで
  2. 区域
    秋田県内全域
  3. 理由
    ツキノワグマによる複数の人身被害が発生しているため

クマ被害の防止方法(具体的な対策)

令和6年度は春から山菜採りや渓流釣りでの人身被害が相次いでいます。
また、県北地域では危険性の高いクマによると思われる事故が発生したことを受け、当該場所の入山禁止措置を行っております。
市内でも目撃が相次いでおりますので、一人ひとりが注意を払ってください。

集落での注意

  • 見通しの悪いところでは、鈴やラジオ・スマホなどで音を立てて、人の存在をアピールしながら行動し、クマとの鉢合わせを避ける
  • クマを目撃したら、市町村もしくは警察に連絡するとともに、地域で情報共有する
  • 農作物や米ぬか、ごみ、コンポストなど、クマが食べるもの・クマがにおいにつられてしまうものにクマがアクセスできないようにする(堅牢な小屋にしまう、電気柵で囲う、確実に埋却・焼却する、扉は普段から閉めておくなど)

山野での注意

山野は本来のクマのすみかですので、一人ひとりがバッタリ会わないための対策を心がけましょう。

  • 入山が禁止されている地域には入らない
  • 鈴などでクマに聞こえる音を出し、人の存在をアピールしながら行動する
  • 単独行動を避け、できるだけ複数で行動する
  • ゴミは必ず持ち帰る
  • 持ち物が奪われた、後をつけられたなど、積極的に人に接近するクマと遭遇した場合は、必ず市町村もしくは警察に通報し、情報を共有する

その他

関係法令に基づいて、狩猟期間以外に県の許可を受けずに野生鳥獣の捕獲のために「わな」を設置する行為は法律で禁止されています。
このような行為は、人身事故の危険性もありますので、違法な「わな」の設置は行わないでください。

美の国あきたネット「ツキノワグマ情報」をご活用ください

秋田県公式ウェブサイト「美の国あきたネット」に≪ツキノワグマ情報≫が掲載されていますのでご活用ください。
秋田県ホームページ≪ツキノワグマ情報≫<外部リンク>

クマを目撃したときは

クマを目撃したり、農作物等に被害があったりした場合は、目撃・被害場所や頭数、被害状況等について、農林課農業振興班または最寄りの総合支所に御連絡ください

農林課農業振興班 0183-72-0631
稲川総合支所 0183-42-2111
雄勝総合支所 0183-52-2111
皆瀬総合支所 0183-46-2111

イノシシに関する情報

市内ではイノシシの目撃情報が増加しています。
年々個体数は増加しており、今後、農林業被害の発生が心配されるため、生息状況等の情報を収集する必要があります。
イノシシを目撃した場合は、目撃場所や頭数などの情報について、農林課農業振興班または最寄りの総合支所に御連絡ください。

農林課農業振興班 0183-72-0631
稲川総合支所 0183-42-2111
雄勝総合支所 0183-52-2111
皆瀬総合支所 0183-46-2111

秋田県公式ウェブサイト「美の国あきたネット」に≪イノシシ・ニホンジカの目撃情報≫が掲載されていますので御確認ください。
秋田県ホームページ≪イノシシ・ニホンジカの目撃情報≫<外部リンク>

関連リンク