ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > しごと・産業 > 農業 > 人・農地プラン > 人・農地プランについて

本文

人・農地プランについて

印刷用ページを表示する 更新日:2021年4月30日更新
<外部リンク>

「人・農地プラン」とは

 これまで地域の農業を支えてこられた方たちは、地域での話し合いを重ね、共同活動などに取り組み、農業・農地を守り、発展させてきました。しかし、これまで取り組んでこられた方がたの高齢化が進み、後継者や担い手不足が深刻化しています。
 このため、『地域における営農の中心的な経営体を確保し、地域の農業を守り、持続していくか』を地域や集落で話し合い、その話し合いに基づきまとめたものが「人・農地プラン」です。

「人・農地プラン」の実質化について

 湯沢市では、市内を14地区に分け、次の順のとおり「人・農地プラン」の実質化を図りました。

  1. アンケート調査
  2. 図面の作成
  3. 地域での話し合い
  4. プラン取りまとめ

実質化された人・農地プランの公表について

 農地中間管理事業の推進に関する法律(平成25年法律第101号)第26条第1項に基づく農業者等の協議の結果を取りまとめたので、同項の規定により公表します。関連ファイルをご覧ください。
 なお、各地区に農業者の高齢化や後継者不足などの課題があることから、今後も課題解決に向けた話し合いを続けます。

 

人・農地プランの区域の全部または一部の区域であって既に実質化していると判断する地区(令和3年3月31日現在)

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


[[template-ai-recommend]]