ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > しごと・産業 > 商工業 > 制度・計画 > 湯沢市農村地域への産業の導入に関する実施計画を策定しました

本文

湯沢市農村地域への産業の導入に関する実施計画を策定しました

印刷用ページを表示する 更新日:2020年9月25日更新
<外部リンク>

湯沢市では、就業人口のうち農業就農人口は12.7%を占め、農業が地区において重要な産業となっています。
しかし、農業就業者の高齢化や後継者不足などによる担い手の減少・米価下落による稲作農業の衰退など、当市を取り巻く農業情勢は厳しさを増しています。
こうした状況を踏まえ、秋田県が旧農村地域工業等導入促進法第5条第1項に基づいて昭和46年(計画変更:平成9年)に定めた「農村地域工業等導入基本計画」を基に、若年層、Uターン希望者及び農業従事者・不安定兼業従事者にとって魅力ある就業機会を創出するとともに、認定農業者や担い手農家への農地の集積を促進し、農業と産業との均衡ある発展を図るため「湯沢市農村地域への産業の導入に関する実施計画」を策定しました。

内容については関連ファイルからご覧ください。

関連ファイル

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


[[template-ai-recommend]]