ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 市政 > 国際交流 > その他の国際交流 > 湯沢市の交流・泰州市(中華人民共和国)

本文

湯沢市の交流・泰州市(中華人民共和国)

印刷用ページを表示する 更新日:2021年4月7日更新
<外部リンク>

中華人民共和国江蘇省泰州市とは、平成29年11月から、湯沢市ふるさと応援大使の藤田豊久氏(元東京大学大学院教授)の仲介により交流が始まりました。
平成30年1月に市長と泰州市日本友好都市提携交渉代表の呉志明氏(一般社団法人日本中国交流協会創始者、初代会長)が面会し、交流が本格化しました。
平成31年2月には泰州市から6人の訪問団が本市を訪問。同年8月6日に、両市の交流をより一層推進するため、「日本国湯沢市と中華人民共和国泰州市との友好交流活動の展開に関する合意書」を締結しました。
今後は、民間交流を基本として、泰州市との交流を進めてまいります。

中華人民共和国概要

【国名】中華人民共和国
【面積】約960万平方キロメートル(日本の約26倍)
【人口】約13.90億人(2019年8月、外務省HPより)
【首都】北京
【言語】漢語(中国語)
【政体】人民民主共和制
【通貨】人民元
※為替の目安 1人民元は約15.13円(2019年8月6日現在)

都市の特徴

泰州市は中華人民共和国江蘇省の中部、長江の北岸に位置する上海都市圏の中心都市の一つ。医薬品、食品加工、工業製品、高効率農業等の産業が発達。2,100年の歴史を有し、胡錦濤前国家主席の故郷でもあります。

泰州市の位置

泰州市の位置図

人口及び面積

【人口】約503.38万人(2018年12月)
【面積】約5,793平方キロメートル(秋田県全体の約半分)

友好交流合意書締結年月日

令和元(2019)年8月6日

関連リンク


[[template-ai-recommend]]