ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

エリア別再編計画について

印刷用ページを表示する 更新日:2021年1月7日更新
<外部リンク>

エリア別再編計画

1 エリア別再編の必要性

 令和2年5月に策定した湯沢市公共施設再編計画においては、公共施設が果たしている役割を検討することや市民サービスを低下させないこと、個々の施設だけでなく一定の区域内の施設を面的に見ることなどを、公共施設再編の留意点としています。
 しかし、一斉に施設の改修や建替などを行うことは非常に難しいため、優先的かつ計画的に再編を進めるエリア(区域)を設定する必要があります。
 

2 エリア別再編計画を策定する基準

 エリア別再編計画は、次の状況が見受けられ、施設の改修などのタイミングが生じた場合に、一定のエリアを設定し、エリア内にある公共施設の多機能化・複合化を基本に大規模改修や更新等を行うこととします。

  1. 施設の老朽化により、使用に支障が生じる場合
  2. 施設の利用者の著しい減少が見込まれる場合
  3. 施設を複合化することで、効果的かつ効率的な運営が見込まれる場合
  4. 地域課題の解決に取り組むための活動拠点の整備が必要になった場合    


 ※エリア別再編計画の詳細は、次のファイルをご覧ください。
 ※今回設定したエリア以外でも様々な課題を抱えた施設があることから、今後エリアの追加を検討します。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


[[template-ai-recommend]]