ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

入院時食事代

印刷用ページを表示する 更新日:2020年9月25日更新
<外部リンク>

入院時食事代について

入院時の食事代は、医療費とは別に計算しますが、国民健康保険の被保険者で、市民税非課税世帯(70歳から74歳の方については国民健康保険加入者全員と世帯主が市民税非課税)の場合には、申請により食事代が減額されます。

対象となる方

  1. 世帯員全員が市民税非課税になっている世帯の70歳未満の方(区分オ)
  2. 国民健康保険加入者全員と世帯主が市民税非課税になっている世帯の70歳から74歳の方(区分低所得2)
  3. 国民健康保険加入者全員と世帯主が市民税非課税かつ各種所得から必要経費、控除を差し引いた所得が0円となる世帯(区分低所得1)

(上記1、2の方が、申請日から過去12ヶ月以内の入院日数が90日を超えた場合(減額認定証発行期間に限る。)、長期入院該当者の申請をしてください。)

手続きをする方

本人、代理人も可能です。

手続きをする場所

本庁舎市民課国保年金班・各総合支所市民サービス班

必要なもの

  • 国民健康保険証
  • 減額認定証(現認定者のみ)
  • 長期入院該当者は、病院などが発行する領収書または入院証明書
  • 世帯主の通帳またはキャッシュカード

[[template-ai-recommend]]