ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > くらし > 税金 > 国民健康保険税 > 賦課期日および納期

本文

賦課期日および納期

印刷用ページを表示する 更新日:2021年4月1日更新
<外部リンク>

国民健康保険税の賦課期日および納期

国保税の賦課期日は4月1日です。国民健康保険へ加入している方の前年中の所得(前年1月1日から12月31日までの所得)等をもとに税額を算出し、1年分の納税通知書をお送りします。

普通徴収(納付書での納付、口座振替)の納期限日

普通徴収の場合は、1年分の国保税を7月(第1期)から翌年2月(第8期)までの8回で納めていただきます。

第1期 7月末
第2期 8月末
第3期 9月末
第4期 10月末
第5期 11月末
第6期 12月25日
第7期 1月末
第8期 2月末

※納期限日が土日祝日の場合は翌金融機関営業日が納期限日になります。
※口座振替納付の場合は、納期限日が引落し日になります。

特別徴収(年金天引き)の徴収時期

特別徴収では、納税義務者が受給している公的年金から国保税を徴収(天引き)します。特別徴収の対象となる方は、以下の条件を満たす方です。

  1. 世帯主が国民健康保険加入者であること。
  2. 世帯の国民健康保険加入者全員が65歳以上75歳未満であること。
  3. 世帯主の公的年金受給額が年額18万円以上であること。
  4. 国保税と介護保険料との合算額が、対象となる年金額の2分の1を超えていないこと。

 国保税の徴収時期は以下のようになります。

4月
6月
8月
前年度の国保税額等をもとに算定した税額を徴収します。
(仮徴収)
10月
12月
2月
年税額を算定し、そこから仮徴収分を差し引いた額を徴収します。
(本徴収)

※特別徴収(年金天引き)について、詳しくは特別徴収(年金天引き)をご覧ください。  


[[template-ai-recommend]]