ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

熱中症予防

印刷用ページを表示する 更新日:2022年6月20日更新
<外部リンク>

熱中症とは

高温多湿な環境に長時間いることで体温の調整がうまくできなくなったり、体内に熱がこもった状態を指します。めまいや吐き気、頭痛、失神など様々な症状をきたし、屋外だけでなく、屋内でも起こります。

最悪の場合、死に至ることもありますが、適切な予防方法を知っていれば防ぐことができます。

 

特に高齢者や子どもは注意が必要

高齢者は、体温調節機能が鈍るため、暑さを感じにくくなるという特徴があり、子どもは体温調節機能が未熟なため、効果的な体温調整が困難という特徴があります。

 

熱中症予防について

湯沢市の熱中症に関する搬送状況は、高齢者の方が半数を占め、屋内外問わず発生しているのが現状です。熱中症発症時期としては、7月が最多となっています。

しかし、最近では6月頃から真夏日が観測されるようになり、熱中症による事故も起きています。

 特に梅雨明け前後の蒸し暑い日に熱中症になる危険が高まります。日ごろから体を動かし、暑さに負けない体づくりをしましょう。

また、熱中症予防に関する情報もテレビやラジオ等で確認をし、生活に役立てましょう。

熱中症の危険度を判断する数値として、暑さ指数(WBGT)の情報があります。28(厳重警戒)を超えると熱中症が著しく増加します(環境省熱中症予防情報サイト)。

暑さ指数を知って熱中症予防に努めましょう。

 

環境省熱中症予防情報サイト 湯沢市の暑さ指数の実況と予測<外部リンク>

 

熱中症予防のポイント

  1. のどが渇いてなくても水分補給!
    例: 麦茶、イオン飲料 ※カフェインを含むお茶やコーヒーには利尿作用があります。また、アルコールは、体内でアルコールを分解するために水分が使われることにより、かえって脱水を招きやすくなります。そのため、水分補給には向いていません。

    効率の良い水分補給の仕方として、150mlを8回が良いとされています
    8回 《起床時、朝食時、10時ころ、昼食時、15時ころ、夕食時、入浴時、就寝前》
  2. 日ごろから体を動かし暑さに慣れましょう
  3. 我慢せずにエアコンを使いましょう
  4. 吸水性や、速乾性に優れた素材の服の着用や、外出時は日傘を使用したり帽子をかぶりましょう。
  5. 活動前に深部体温を下げる(プレクーリング)
    活動前にアイススラリー(シャーベット状のとろみのある飲料)の摂取をすることで、深部体温の上昇を緩やかにしてくれます

家庭でもアイススラリーに似たものを作ることができます!

  1. スポーツドリンクの3分の2を製氷機で凍らせる
  2. 1の氷と、残りのスポーツドリンクをミキサーにかけて完成!

 

新しい生活様式における熱中症予防

新しい生活様式とは、身体的距離の確保、マスク着用、手洗いの実施や「3密(密集、密接、密閉)」を避けること等を取り入れた日常生活のことです。

マスクの着用により、皮膚からの熱が逃げにくくなるなど体温調節がしづらくなっています。

人との距離が2m以上とれる場所や場面ではマスクを外すなど、感染症予防を行いながら、熱中症予防にもこれまで以上に心がけましょう。

 

新しい生活様式における熱中症予防について [PDFファイル/588KB]

 

 

熱中症警戒アラート

2021年4月下旬から、環境省・気象庁が新たに提供する、暑さへの「気づき」を呼びかけるための情報である熱中症警戒アラートの情報発信が全国で開始されました。

熱中症警戒アラートは、熱中症への危険性が極めて高い状況になると予想される日の前日夕方または当日早朝に都道府県ごとに発表されます。

発表されている日には、日頃から実施している熱中症予防対策を普段以上に徹底することが重要です。

 

 熱中症警戒アラートの発表状況を知るためには、下記のサイトをご覧ください。 

 環境省熱中症予防情報サイト<外部リンク>

   

熱中症警戒アラート発表時の熱中症予防行動の例

  1. 不要不急の外出は避け、昼夜を問わずエアコン等を使用する。
  2. のどが渇く前にこまめに水分補給するなど、普段以上の熱中症予防を実践する。
  3. 高齢者、子ども、持病のある方等熱中症の危険が高い方に対して、周囲の方々から水分補給等の声かけをする。
  4. エアコン等が設置されていない屋内外での運動は、原則中止または延期する。
  5. 身の回りの暑さ指数(WBGT)を確認し、行動の目安にする。

熱中症警戒アラートについて [PDFファイル/1.5MB]

 

災害時の熱中症予防       

災害時には、避難生活に伴う疲労・体調不良・栄養不足等や、慣れない環境や作業で熱中症のリスクは高くなります。

お互いに声をかけながら、十分に注意しましょう。避難生活では普段以上に体調管理を心掛けましょう。

災害時の熱中症予防 [PDFファイル/1.02MB]

 

関連リンク

    環境省熱中症予防情報サイト<外部リンク>

    

  厚生労働省熱中症関連情報<外部リンク>

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


[[template-ai-recommend]]