ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

森林の伐採届出

印刷用ページを表示する 更新日:2021年4月1日更新
<外部リンク>

森林の立木を伐採するときは、あらかじめ市に伐採の届出を行わなければなりません。また、伐採した森林の造林が終わったときも報告が必要ですのでご注意ください。

伐採及び伐採後の造林の届出(森林法第10条の8)

対象となる森林

地域森林整備計画の対象となっている民有林(保安林等の制限林を除く)

届出が不要な場合

  1. 林地開発行為の許可を受けた森林を伐採する場合
  2. 森林経営計画に定められた森林を伐採する場合
  3. 竹林の伐採をする場合
  4. 除伐する場合
  5. 火災等の非常災害に際し緊急の用に供する場合

届出期間と届出先

  • 届出時期 伐採を行う90日前から30日前まで
  • 届出先 湯沢市役所 産業振興部農林課林務班(本庁舎2階)

※湯沢市森林整備計画との適合性の審査の結果、内容に問題がないと判断した場合は通知書を発行します。

届出をする方

森林の所有者が届出をします。また、買い受けた立木を伐採する場合は、森林の所有者と立木を買い受けた方が連名で届出をします。

届出に必要な書類

  1. 伐採及び伐採後の造林の届出書
  2. 伐採箇所の位置図(5万分の1程度)
  3. 伐採区域図(5千分の1程度で伐採する範囲が分かるもの)
  4. 公図の写し
  5. 伐採の届出をする年度の1月1日以降に新たに森林の所有者となった場合は、森林の所有者であることが確認できる書類の写し(土地売買契約書や登記事項証明、相続関係書類など)
  6. 買い受けた立木を伐採する場合は、伐採する権原を証明できる書類の写し(立木売買契約書など)

※上記のほか、審査上必要な書類を追加で提出していただくことがあります。

伐採及び伐採後の造林に係る状況報告書(森林法第10条の8)

対象となる森林

伐採及び伐採後の造林の届出書を提出した森林のうち、伐採方法が主伐(皆伐・択伐)の森林

報告期間

  1. 再造林の場合・・・造林が完了した日から30日以内
  2. 森林以外の用途へ転用する場合・・・伐採を完了した日から30日以内

森林経営計画に係る森林の伐採等の届出

湯沢市から森林経営計画の認定を受けている森林で立木の伐採等を行った場合は、立木の伐採もしくは造林または作業路網の設置が終わった日から30日以内に届出書を提出しなければなりません。

伐採したい森林が保安林の場合

保安林の主伐は許可、間伐は届出が必要です。
詳しくは、雄勝地域振興局農林部森づくり推進課(電話:0183-73-5111)へ問い合わせください。

関連ファイル

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


[[template-ai-recommend]]